« iPhoneなう | Main | つばさ »

2009.10.12

食べるにぼしが宇宙食に

ロケットや人工衛星や探査機の開発に携わっている宇宙開発業界の人にしてみればじつに不本意なネタの一つかもしれないけれど、宇宙食とか宇宙でのシモの処理の話はいつもじつに盛り上がる。人間たるもの、いつどんな場所にいたって、食べるものは食べなきゃだし、出すものは出さなきゃね。宇宙飛行士といえども例外ではない。いつの時代も万人に共感される話題であると言えよう。

世界各地の話題をリアルタイムでつぶやいて、ゆるやかにつながるメディア、Twitterで先日、そのリアルタイム性という威力を震撼させるような出来事があった。食べるにぼしはガガーリンの夢を見るのか。

***

ことの発端は、@tamamusiさんが国際宇宙ステーションの食事風景の高解像度写真を見ていて、画面の左端に日本語で書かれた袋を見つけたことに始まる。

tamamusi: あえてlargeサイズを。iPod発見。それよりマイクさんの右手の左、添加、る、Koichiが見える。http://bit.ly/18grmq
2009-10-10 17:24:29
それを管理人が見つけて、若田さん宛の宇宙食だとコメントしたのが2時間半後の20時5分。
5thstar: おーすごい! 若田さん宛日本宇宙食っぽいですねー。添加、って、添加物? RT @tamamusi あえてlargeサイズを。iPod発見。それよりマイクさんの右手の左、添加、る、Koichiが見える。http://bit.ly/18grmq
2009-10-10 20:05:00
そのわずか5分後には@myfunaさんが画像検索で、そのものズバリの「食べるにぼし」の画像を発見。
myfuna:「食べるにぼし」らしい http://j.mp/eMAs4
2009-10-10 20:10:46
この商品が宇宙を飛んでることを製造元は知っているのか、とか、ひとしきり話題になっているところに、SF作家の野尻抱介さんが早速本物をゲットして写真をアップ。私のコメントからここまで1時間ちょうど。
nojiri_h: http://twitpic.com/kyfle - NASA公認宇宙食ゲット
2009-10-10 21:05:59
そこで食べるにぼしにまつわるTwitter上の一連の流れをまとめてみました。

Togetter(トゥギャッター) - まとめ「カルシウム満点の宇宙にぼしがNASA公認宇宙食に??」
(12日22時現在サーバーがダウンしている?)復旧したようです。

適切な人材が適切につながれば、あっという間に宇宙ステーション内部の状況がここまで理解できてしまうというTwitterの威力をまざまざと見せつけられた瞬間でした... ^^;

Niboshi

にぼしの写真を拡大してよくよく観察すると、「DRIED WHOLE ANCHOVY」の文字が確認できる。

Niboshi2

To: Koichi
From: ????

誰かから若田宇宙飛行士へと託された宇宙食。若田さんが食べ残したものが今も地球周回軌道上に...

「From:」が読み取れないのだけど、もしかして若田さんの前任のコマンダー、マイク・フィンクかなぁ...? 彼は各務ケ原にも駐在していたバリバリの日本通だし。そういえば「Fink」と読めないこともない。うん、そんな気がしてきた... ^^;

« iPhoneなう | Main | つばさ »

Comments

From Stefi
じゃないでしょうか。
きっと若田さんの奥様からの愛情いっぱいの宇宙食なんだと想像します。あくまで想像ですが・・・そうだったらなんかいいなぁ。

おー、確かにそのとおりですね! コメントありがとうございます。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 食べるにぼしが宇宙食に:

« iPhoneなう | Main | つばさ »

zeitgeist

MyBlogList

無料ブログはココログ