« il Giardino | Main | Hayabusa's returning home »

2009.02.07

サイエンスカフェ「アポロは本当に月に行ったの!?」

おお、テラキンさんだ! お元気そうでなにより。

郡山市ふれあい科学館 スペースパーク:【募集】科学ゼミナール サイエンスカフェ「アポロは本当に月に行ったの!?」(2009/02/28)

【日時】
平成21年2月28日(土)14:00〜15:15
【場所】
郡山市ふれあい科学館 20階 多目的研修室
【定員】
20名(先着順)
【料金】
無料 ※当日会場でワンドリンク(250円〜300円程度)をご注文ください。
【申込】
1月24日(土)午前10時より、電話(024-936-0201)または科学館22階インフォメーションで受付
※受付時間は10:00〜17:00(休館日を除く)
【内容】
●講師の先生からのお話
●講師の先生、科学館スタッフを交えてアポロ計画や月探査などについて、カップを片手に様々なお話を行います。
だそうです。福島近郊の方はぜひどうぞ。

松浦さんの記事を見て、ディスカバリーチャンネルの「怪しい伝説 〜 月着陸のウソ、ホント」はとりあえず録画はしたものの、まだ観る時間がなくて現在に至る。orz そういえば、映画「ザ・ムーン」もはやく劇場で観ておかなきゃ。

それにしても「アポロは本当に月に行ったの!?」とは、ずいぶん挑発的なタイトルをつけましたね。(^-^) 主催者の狙いどおり、20代の若者が会場に足を運んでくれるといいのですが、参加者の大半はおそらく40代後半よりも年輩の方々とみました。

そんなあなたにはこちらのページで癒しをどうぞ。\(^o^)/

***

小学校の同級生と鉄棒にぶら下がって「スカイワン発進!」ごっこをやってたっけなぁ。

子供ごころにスカイワンを操縦するウォーターマン大尉をやりたかったのだけれど、なぜか回ってくる役どころはストレイカー最高司令官だったり。(^^)

ウィキペディアなどで調べてみたけど、プラモは印象に残っているかわりに、ストーリーをほとんどおぼえていないことが判明。こんなにオトナ向けの内容だったのか...

子供ごころに「パイロットになりたい!」と思わせた作品の一つでありました。あれからもうすぐ40年... 別件ですがJAXAもいよいよパイロット養成のための布石づくりに乗り出すということなのかなぁ... 興味津々。

***

ところでテラキンさんといえばやはりこれでしょう。

リポビタンDのボトルが延々と増えていく、例のいたずら画像は消去されてるようですが、はやぶさとリポビタンDを世界中に広めたテラキンさんの功績は表彰状ものですね。そういえばこの一件以来、Red Bullも日本で普通に見かけるようになった気が...

« il Giardino | Main | Hayabusa's returning home »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6676/43984444

Listed below are links to weblogs that reference サイエンスカフェ「アポロは本当に月に行ったの!?」:

« il Giardino | Main | Hayabusa's returning home »

zeitgeist

MyBlogList

無料ブログはココログ