« 山崎直子宇宙飛行士、ミッション決定 | Main | ホームにて »

2008.12.01

iTunes Visualizerがすごいことに

ここんとこ、脳みその奥の奥まで疲れがたまって凝り固まってしまったような感じ。頭が重い。

あまりにもどうしようもなくなってきたので、iTunesを立ち上げて、お気に入りに登録しておいたインターネットラジオのSmooth Jazz系の局を選択して、画面をビジュアライザにして、しばらくぼうっと脳みそをトランス状態にしてみた。

すると...

おお。なんかブラックホールか。いやあれは磁力線の巻き付きだな。ってことはあいつはマグネターか。おお、超新星が爆発したぞ。微惑星に隕石が衝突してる。カニ星雲のようなガスの雲。ここからまた星が生まれて...

なんてことだ。音楽に合わせて画面を自動生成しているはずのビジュアライザがいつのまにこんなすごい画面になってたんだ。初期のiTunesはもっと単純なパターンだったのに。このバージョンを作ったデザイナ、最新の天文学のことをきちんと知ってるに違いない。これだからスティーブ・ジョブズ、好きやねん。よくわかってらっしゃる。

Visualizer1Visualizer2Visualizer3Visualizer4

ニーブンのゼネラルプロダクツ社製船殻のコックピットに座って、銀河系内の観光地巡りをたっぷりと堪能した気分になったら、ちょっと元気が出て来た。

« 山崎直子宇宙飛行士、ミッション決定 | Main | ホームにて »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference iTunes Visualizerがすごいことに:

« 山崎直子宇宙飛行士、ミッション決定 | Main | ホームにて »

zeitgeist

MyBlogList

無料ブログはココログ