« わらしべ長者 | Main | 二次試験終了! »

2008.10.05

宇宙飛行士になるには(10)

前回からの続き

過去4回の宇宙飛行士選抜のうちの3回目と4回目を受験した経験をもとに、今回の選抜がどのような経緯を辿るか、宇宙飛行士を目指すとはどういうことか、について解説してみます。もちろん、選抜に落ちた人間の予想ですから、内容が正確であるという保証はどこにもありません。(^-^;)

忠誠心と職業的孤独

宇宙飛行士選抜も二次選抜から三次選抜へと進むにつれて、「試験の成績がよいこと」よりも、その人間性や、上司や仲間のクルー達との協調性、コミュニケーション能力、忍耐力、社交性、ユーモアなどが求められます。

宇宙飛行士はアメリカやロシア、ヨーロッパなど、各国の宇宙飛行士と仲良く協調性を保って任務を遂行する「国際チームのメンバー」であると共に、場合によっては各国の政府要人と面会したりする「日本の外交官」としての顔を持っていたり、ワールドカップやスーパーボールで試合の開始時や合間に挨拶をしたりする、子供達にとってのスーパーヒーローを演じる役割も回ってきたりします。

その一方で、どんなに海外の要人や国内のマスメディア関係者や子供達からチヤホヤされる立場になったとしても、今回募集される宇宙飛行士は、あくまで「JAXAという半官半民の組織のヒラ職員」であるということを忘れてはなりません。

日本国内の他の多くの大手企業のサラリーマンと同じく、命をかけて厳しい訓練に挑む職務の内容とはウラハラに、ヒラの宇宙飛行士に許されている裁量はあまり多くはありません。「宇宙飛行士」の肩書きで全国各地の講演会に呼ばれてヒーロー・ヒロインとして振る舞う機会は多いですが、その一挙一投足や発言内容は、JAXAの上司によってしっかりとチェックされています。

外部に対してはかっこいいヒーロー・ヒロインのイメージを保ちつつ、組織の内部では「巨大なシステムの歯車の一つ」となりきって、黙々と上司の意向にしたがうことができることを、二次試験、三次試験で行われる面接では、うまくアピールする必要があります。

合格した後も、「そんなことを言っていたら宇宙へ行かせないぞ!」という、宇宙飛行士にとっては一番聞きたくないパワハラもどきの理不尽な言動を上司から浴びせられる場面もあるかもしれません。

毛利さん向井さん土井さんら、第一期の日本人宇宙飛行士選抜は、当時のNASDAにとっても初めての経験でした。そこで、NASAの規定を横目でにらみつつ、当時の担当者がいろいろな試行錯誤を繰り返しつつ、選抜が行われました。この様子が本などで出版された結果、日本の初期の宇宙飛行士は「自然科学系の研究者」で、博士号を持ち、海外の人間とも堂々とわたりあえるような人物が有利であるというイメージが定着しました。

一方、日本独自のロケット開発などでNASDAの理事が国内技術の自信を身につけるにつれて、宇宙飛行士選抜の現場にもいろいろな注文をつけるようになってきます。NASDAは極めてトップダウンの文化を持っているので、上司のなにげない言葉が現場の選抜方針に大きな影響を与えたりします。

例えば「なんで二次選抜に残るNASDA職員の数がこんなに少ないんだ?」とか「なんで女性が残ってないんだ?」とか。今回JAXAが発表した一次選抜合格者の内訳などから、10年前までとは異なる傾向を読み取ることができます。

また、10年前までの選抜を担当していたJAXA側の職員が人事異動ですっかり担当を外れてしまっていることも、今回の選抜の大きな特徴です。未確認情報ですが、前回の選抜を担当した経験がある職員で今回も残っているのは一人だけだとか。

今回募集される宇宙飛行士候補生は、選ばれたらすぐにヒューストンのNASAジョンソン宇宙センターへ飛んで、アメリカや他の国の候補生とともに2年間の特別な訓練を受けることになります。このため、海外に長期滞在した経験のある日本人が一見有利なように見えますが、JAXA側はもう少し違う選抜基準を持っているようにも思えます。

NASAには50年にわたって宇宙飛行士を訓練してきた長い歴史があるので、訓練生の心理状態を誰よりもよくわかってくれます。また、かつてスペースシャトルで前人未到の記録を達成した宇宙飛行士とか、「宇宙を飛んだ経験を持つ」憧れの人物が上司だったりします。NASAのミッションのメンバーとして選抜されるためには、NASA側の経験豊富な上司からその実力を認められ、信頼される人間関係を構築することが必須です。

また、今回選ばれる候補生は当面、ロシアのソユーズで宇宙を目指すことになるので、ロシア側の上司にも信頼され、実力を認めてもらう必要があります。

アメリカもロシアもそれぞれ文化は大きく異なりますが、いずれも有人宇宙飛行の経験は豊富で、実際に宇宙を飛んだ人間がそれぞれの組織で要職に就いていたりします。宇宙飛行士になることを目指して訓練する候補生にとっては、安心できる環境です。

一方、日本人宇宙飛行士の第一期生である毛利さんや向井さんはすでに現役を退いていて、JAXA人事部は彼らの経験を将来に活かそうとはしていません。JAXA側の理事はロケット開発の現場責任者であったり、官公庁関係者だったりと、「宇宙へ(行きたくても)行かない上司」となります。

JAXAの宇宙飛行士として選ばれること、それは「飛ばない上司」とも円滑なコミュニケーションを欠かすことなく、上司の機嫌を見ながら日本側の意向を世界へ伝える、という、JAXAへの忠誠心をいかにアピールできるか、さらにはアメリカやロシアで行われる宇宙飛行士としての訓練をいかにそつなくこなし、それぞれの国の上司にも実力を認めてもらうか。そのための協調性や自己管理能力が求められます。

盟友、白崎修一ドクターの名著「中年ドクター宇宙飛行士受験奮戦記」には、こんな一節があります。

この試験は、言ってみればわれわれ応募者と宇宙開発事業団とのお見合いのようなものだ。試験の成績が一番良いものが選ばれるというわけではない。考えてもみれば、それは容易に想像できる。キャリアとやる気、健康状態、適応能力が十分であれば、あとは使いやすい、宇宙開発事業団によって都合のよい人間を選抜するのが理に適っているからだ。
 結婚のための見合いでも同じことが言えよう。完ぺきな人間と結婚しようと思って見合いをする人はまずいない。自分に合った、自分が満足できる、その上で少しでも条件が良い人、そのように考えて見合いするものだと思う。お見合いで振られたと考えれば、落ちても悔いはない。

個人差はありますが、NASAで宇宙飛行士になるための最初の2年間の訓練の間は宇宙飛行士の人生の中でも最も楽しく、かつ最も幸福な期間です。T-38という超音速ジェット練習機を操縦することもできますし、ヘリコプターの墜落想定脱出訓練や、貨物機の放物線飛行による無重力体験など、いかにも宇宙飛行士らしい、ありとあらゆる訓練を体験して、自分自身の能力を高めて行くことができます。

この訓練期間が終わると、今度は「同期生の間で誰が最初に宇宙へ飛ぶか」という暗黙の競争が始まります。宇宙への切符は限られているので、仲良くなった同期生であっても基本的にはライバル。上司やフライトサージャンや心理学のカウンセラーに弱音を吐いたりすれば、ミッションを割り当ててもらえなくなってしまうのではないか。「自分は本当に宇宙へ行けるのだろうか」という猜疑心に満ちた長く苦しい年月が待ち受けています。いつ何時、ミッションに割り当てられても対応できるように、展望はなくとも心身ともに鍛え続けていかねばなりません。「宇宙飛行士」という華やかな肩書きとはウラハラに、誰もその心情をほんとうのところで理解してくれる人はいない。家族の応援だけが、長くてつらい待機期間中の心理的な支えとなります。

宇宙飛行士になるには。それは「どんな困難があっても宇宙へ行く」という、くじけない信念。その信念を精神的に支えてくれる家族の存在。運命を共に、命を預ける各国の宇宙飛行士達との強い絆を築くための社交性や協調性。逆境を乗り越えてチームの士気を高めるためのユーモア精神。ミッションやフライトを支えてくれる無数の宇宙開発関係者のサポート。立場を異にする各国の宇宙開発の上司との円滑な意思疎通と忠誠心。そしてなによりも、職業的な立場上の孤独に打ち克つ強い意志が求められます。

聞いたところでは、若田宇宙飛行士はつらいことがあった時、車の中で独り「はとぽっぽ」を歌うのだそうです。

人類の活動の可能性を自らの行動でもって示してくれる宇宙飛行士を、私は応援しています。

(宇宙飛行士になるには:完)

« わらしべ長者 | Main | 二次試験終了! »

Comments

とても興味深いお話、少々驚きながら読ませていただきました。
この間向井さん若田さん両氏が出席されたJAXA主催のワークショップに私も参加して参りました。
向井さんは宇宙空間での宇宙飛行士の健康状態を最良にするためや、予防医学的な事を研究されているとお聞きしました。
確かに向井さんや毛利さんは現役としてまた宇宙へ行くことはないのかも知れませんが、おひとりだけ幾分若く、ついこの間きぼう保管室打ち上げ・取り付けに活躍された土井隆雄さんは、今後どのような活動をされるのか、どんな方向に進む可能性が考えられるか、お分かりになる範囲内で結構ですので、教えていただけましたら幸いです。

今後もブログ拝見させていただきます!
頑張ってください。

papa-kaeru-hyenさん、こんにちは。

向井さんと若田さんのワークショップ、聞きにいきたかったのですが、都合が付かなくてじつに残念でした。

毛利さん向井さん土井さんの第一期生は、スペースシャトルのペイロードスペシャリスト(搭乗科学技術者)、すなわち宇宙実験を遂行する専門家として選抜されました。毛利さんは核融合炉壁材料の研究など、材料物理学の専門家、向井さんは心臓外科医、土井さんは宇宙航空工学の専門家です。日本で宇宙飛行士になるには「自然科学系の研究者であること」というイメージはこの時、定着しました。

ところでペイロードスペシャリストはスペースシャトルの操縦やロボットアームの作業などは行ないません。そこで、三人はNASAの宇宙飛行士養成コースを当初、受けませんでした。その後、毛利さんと土井さんはこのコースを受けることでミッションスペシャリストの資格を得て、シャトルに搭乗します。

向井さんは2度目のフライトを終えた後、研究者として生きる道を選んだので、JAXAの有人宇宙活動を率いる管理職とはなりませんでした。毛利さんは一度、有人宇宙活動室の室長を勤めた後、宇宙飛行士をやめるかどうか悩んだ末に、ミッションスペシャリストの資格を得て、2回目のフライトを終え、日本科学未来館の館長に就任します。

土井さんは向井さんのフライトのバックアップを務めたためにミッションスペシャリストの資格を取るのが遅れ、若田さんよりも初フライトが後になりましたが、その後もフライトのチャンスに恵まれました。まだ現役として、あと一回くらいは国際宇宙ステーションの長期滞在のチャンスが巡ってくると期待できます。ただ、本人もJAXA側も管理職としての今後の活躍は期待していないように見受けられます。

若田さんは九州大学大学院工学研究科を卒業し、日本航空での整備訓練部の仕事から一転、NASDAのミッションスペシャリストとして選ばれます。人間性も仕事ぶりも申し分なく、NASAからもJAXAからもとても高い評価を受けています。国際宇宙ステーションの長期滞在の予定も決まっていて、その後は管理職としても最適任と思えるのですが、肝心の本人の意向は......?

土井さんの今後の予定はご本人にしかわからないと思います。JAXAは土井さんに辞められると困るので、何らかの出向ポストが用意されるのではないかと。しかしその前になんとかもう一度、ミッションをこなしたいと考えておられるような気がします。私の勝手な希望的観測ですが。

今回選ばれる新人宇宙飛行士のスケジュールとの兼ね合いが鍵ですね。他にも古川さんと山崎さんがミッション割りあてを待機中です。

ありがとうございます(*^_^*)

JAXAの宇宙飛行士について色々教えてくださり、本当に嬉しく、そして感動してしまいました!
私はJAXAの宇宙飛行士の中でも、特に野口さんと土井さんを応援していまして、宇宙飛行士に興味を持ったのは三年前の野口さんのフライト時からです。
でも、JAXAとか野口さんのブログなども知らずに、今のように帰国報告会やミッション報告会等に、足繁く参加するようになるまでの大ファンになったのは、土井さんの春の打ち上げからでした。
土井さんの姿をTVで観、JAXAiでの土井さんの帰還イベントに参加してから、宇宙飛行士や宇宙開発に感心が深まったと言ってもいいでしょう。
ですから、土井さんや野口さんは私にとってはJAXAの宇宙飛行士の中でも特別な存在なのです。

野口さんは若田さんと共に、今のJAXAの宇宙飛行士の顔ですし、JAXAの広報担当みたいにメディアにもたびたび顔を出されてますよね。

しかし土井さんは、JAXAのホームページを見ても、彼は現在はどこで何をされているかも書かれていません。
ずっと応援していきたくとも、何も分からない状態ではどうしようもないという感じでした。
ですから管理人様が色々教えて下さったのは、本当に嬉しかったです!!

私は宇宙飛行士を応援するだけですが、こうして実際に宇宙飛行士を目指された方とやり取りが出来ることを大変光栄に思いました(*´д`*)

これからも興味深いお話楽しみにしています!!
ありがとうございました(^o^)!

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 宇宙飛行士になるには(10):

« わらしべ長者 | Main | 二次試験終了! »

zeitgeist

MyBlogList

無料ブログはココログ