« STS-123打ち上げ成功 | Main | 宇宙飛行士になるには(6) »

2008.03.15

パイの日には物理屋のごときお喋りを

すでに昨日のこととなってしまいましたが3月14日は「3.14」ということでこことかこことかここのブログによれば「数学の日」ということで一部で盛り上がっていてdankogai氏のブログで結城浩氏の「数学ガール」が紹介されていてAmazonのなか見!検索でぱらぱらとめくってみたら一目惚れしたのでかねてよりショッピングカートに放り込んであったNASAの宇宙飛行士のぶっちゃけ話「ライディングロケット(上)」「ライディングロケット(下)」と合わせて思わずポチッと注文ボタンをクリックしてしまったでわないか給料日前だっつーのにどーしてくれるよしるぶぷれ。

其は兎も角。

3月14日は「円周率πの日」でもあると同時に、かの天才物理学者アインシュタインの誕生日でもある、ということで、海の向こうの物理学者ブログ「Comic Variance」によれば、今年の3月14日は「物理屋のごときお喋りをする日(Talk Like A Physicist Day)」として制定されたらしい。

Talklikeaphysicistday

くだんのComic Varianceで紹介されていた各種パーツが秀逸なので、ご紹介。

***

相対論的隕石シューティングゲーム。Enterキーでゲームを開始し、矢印キーで宇宙船を操作して、スペースバーでミサイルを発射する。ゲーム中に「F」キーを押すと、視点が宇宙船に移って、隕石の形がローレンツ収縮でひしゃげていくとともに、隕石の点滅の時間間隔(つまり宇宙船から見た隕石の時間の流れ)がゆっくりとなる。
relativistic asteroids

先頃報道のあった阪大や名古屋大などの研究グループが、車の渋滞の発生メカニズムを調べた研究がNewScientist.comでも紹介されている。(論文発表以前に「サイエンスZERO」でも紹介されていましたね)

そして極めつけがこれ。いかにもアメリカン・ナード・ジョークですが...

最後の一言にウケた(w

« STS-123打ち上げ成功 | Main | 宇宙飛行士になるには(6) »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference パイの日には物理屋のごときお喋りを:

» 言葉 うつ病になったサラリーマン★トマトの自分探しの旅★ [うつ病になったサラリーマン★トマトの自分探しの旅★]
トマトは母親に子供のころから『あんたは言葉足らず何だから~』という事をよく言われた。兄からは『はっきり喋れ』と兄弟喧嘩の始まり、兄弟喧嘩の途中でよく言われたのを記憶している。また、学校では『おとなしい子』、『元気がない』と思われていたのを記憶して...... [Read More]

« STS-123打ち上げ成功 | Main | 宇宙飛行士になるには(6) »

zeitgeist

MyBlogList

無料ブログはココログ