« 長沼センセ、NHKに登場 | Main | JAXA宇宙飛行士募集?! »

2007.09.22

連載小説「失われた航跡」

国際電話会社に勤める深沢慎二は、出張先の英国のヨークで「どこかで出会った気が」する女性、田辺千賀子と出会い、勧められるままに陶器を購入する。別れ際、彼女が抱えていた大きな郵便物を「ホテルの郵便局で出しておきましょうか?」と軽い気持ちで受け取り、歩き始めたその時、千賀子を迎えにきた車が突然爆発し、慎二は路上に吹き飛ばされる。

慎二が預かった郵便物の宛先は、米国ポートランドに住む一人の老人だった。シアトルでの予定の仕事がキャンセルになったため、慎二はポートランドを訪れ、老人にその郵便物を手渡して千賀子の死を告げる。そこで老人は慎二にある依頼をする。

世界の各地で奇怪な死を遂げるナチ戦犯。旧ソ連のボストークロケットのエンジンを開発した科学者や、アポロ計画のサターンロケットのエンジン開発に携わった技術者らが次々と殺されていく。運命の女から託された一通の郵便物が、慎二を国際的な秘密組織へと導いていく。

連載小説「失われた航跡」

とまぁ、勝手にご紹介してしまいましたが、管理人自身はこの小説の著者の「空乏層」さんとはなんの面識もゆかりもありません。たまたまなにかのきっかけでこのブログに出会い、読み始めたところ、そのスケールの大きさとテンポの良さと登場人物が抱える複雑な過去に思わずハマってしまいました。一人で楽しむのもなんかもったいないので、ここでご紹介する次第。

ブログのタイトルに「私小説」とあるとおり、団塊の世代であるらしい著者ご自身の本業の海外での仕事の体験や挫折や個人的な追想が織り込まれているらしく、それらが歴史的事実や小説としての創作と、幻想的、重奏的に入り乱れ、一種独特の世界観を構築しています。

ストーリーはまだ序盤ですが、今後の展開がとても楽しみです。こんな面白い小説がただで読めるなんて!

« 長沼センセ、NHKに登場 | Main | JAXA宇宙飛行士募集?! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6676/16538367

Listed below are links to weblogs that reference 連載小説「失われた航跡」:

« 長沼センセ、NHKに登場 | Main | JAXA宇宙飛行士募集?! »

zeitgeist

MyBlogList

無料ブログはココログ