« 窓は不要? | Main | なるほどー »

2007.04.29

六本木ヒルズのエレベーターの風

spacewalker: 六本木ヒルズのエレベーター火事について考える

感じていた違和感とは、エレベーターホールに恒時的に吹く強い風とその風によるエレベーターの振動である。49F,51Fのエレベーターホールでエレベータを待っていると常に大きな風音が聞こえ、扉が開いた瞬間強い風を受ける。また昇降中もその風によりエレベーターが進行方向に対して直交方向に円を描きながら振動している。
六本木ヒルズには行ったことがないので現場を見ないことには確実なことはわかりませんが、200mの垂直空間が作り出す巨大な煙突効果は容易に想像できます

新聞報道だけ読んでいると、日本オーティスの整備ミス、という印象を受けたのだけど、今にして思い返せば、「なぜケーブルの破断面の写真が報道に出てきたのだろう? 内部告発でもあったのだろうか? 日本オーティスが自らこの写真を公開したのだとすれば、素晴らしい態度だな」と思っていたのを思い出した。つまりあの写真を公開することによって「この問題にはもっと根源的な問題がある」ということを示唆したかったのではないのか。報道を鵜呑みにしてしまった自分を恥じる。

日本オーティスには畑村洋太郎教授にご相談なされることを強くお奨めします。御社一社の力では森ビルを動かせないし、かといって、放置しておけばいずれ人命に関わる。

[追記] spacewalkerさんの記事をよく読んで見ると「エレベータを待っていると常に大きな風音が聞こえ、扉が開いた瞬間強い風」とあるから、これは煙突効果というよりも紙鉄砲効果ですね。新幹線がトンネルに入った時と同じ。

[追記 5/2] asahi.com: オーチス社、さび認識しながら2年近く放置 虚偽報告も
うーん、ワイヤのさびを認識しながら2年間近く放置、というのはいただけないですね。

« 窓は不要? | Main | なるほどー »

Comments

はじめまして。参照いただきありがとうございます。
私は専門外なので妄想でしたが、煙突効果という現象がやはりあるのですね。それに近い状況だと思います。今回のメンテは全く論外でしたが、やはりエンジニアとしては、想定外の負荷がかかっていたのでは?という点に興味があります。今後大型ショッピングビルプロジェクトが増えてきますので、今回の現象をちゃんと解析して、他のビルプロジェクトに反映していただきたいですね。

spacewalker.jpさん、コメントありがとうございます。

六本木ヒルズは行ったことがないので、どの程度の揺れなのかがわかりませんが、加速度計とか持ち込んで他のビルのエレベーターと比べたら、なにか面白いことが分からないでしょうか。興味あります。あるいは振り子を垂らしておいてビデオカメラで撮影するとか...

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6676/14880512

Listed below are links to weblogs that reference 六本木ヒルズのエレベーターの風:

« 窓は不要? | Main | なるほどー »

zeitgeist

MyBlogList

無料ブログはココログ