« 民間商業宇宙飛行士「ミッション・コマンダー」決定 | Main | 次のシャトル打ち上げは7月 »

2006.06.03

「はやぶさ」がサイエンス誌の特集に

SpaceFighter Now経由:

チェコの空:「はやぶさ」サイエンス三昧

はやぶさが撮ったイトカワの写真がアメリカの科学誌「サイエンス」の表紙を飾っている。すごい! おめでとうございます。日本人が筆頭になるScience論文が同時に7本も出版されたとのことで、まさしく快挙ですね。小惑星探査におけるこの優位をぜひ保ってください。日本は資源小国なので、国家戦略としても重要な意義がある。

JAXAの広報の巧拙について早速誤った認識が広まりかけているようですが、「サイエンス誌の縛り」というのは、はやぶさの研究者チームが論文の投稿先をサイエンス誌にすることに決定した時点で発生したものであり、それ以前の縛りははやぶさの研究者チーム自身が自らに課していたもののはずです。間違っていたらどなたかご指摘ください。

これは紫綬褒章ものですね。しかるべきスジの人、ご検討ください。

« 民間商業宇宙飛行士「ミッション・コマンダー」決定 | Main | 次のシャトル打ち上げは7月 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「はやぶさ」がサイエンス誌の特集に:

» はやぶさとイトカワ [弁理士の日々]
惑星間探査機「はやぶさ」については3月9日に記事を書きました。最近、新聞で相次いで「はやぶさ」と「イトカワ」の記事を見たので、久しぶりにJAXAのホームページを覗いてみました。嬉しいできごとが3件も載っていました。 ・イトカワの科学観測成果、科学雑誌「サイエンス」が特集! はやぶさによるイトカワの科学観測は、やはり大きな成果をあげていたのですね。小惑星の内部構造の知識が増し、太陽�... [Read More]

» Science誌はやぶさ特集号 [BlogでIowa - みっし~のアイオワ研究留学 blog]
お待ちかね,Science誌はやぶさ特集後(2006年6月2日号)が配達されてきました.科学的内容もすごいけど,解説記事も熱い! [Read More]

« 民間商業宇宙飛行士「ミッション・コマンダー」決定 | Main | 次のシャトル打ち上げは7月 »

zeitgeist

MyBlogList

無料ブログはココログ