« JAXAの次世代宇宙服アイデア募集 | Main | テラキンさんごくろうさま »

2006.03.07

Hayabusa is alive

JAXAからすばらしいプレスリリース。

JAXA: 「はやぶさ」探査機の状況について

1月23日にはやぶさからのビーコン信号を受信、その後、徐々に探査機との更新を回復し、3月4日には中利得ゲインアンテナによるテレメトリデータの取得に成功したとのこと。

「はやぶさ」は、12月8日の姿勢喪失後、太陽電池発生電力が極端に低下し、一旦電源が完全に落ちたもようです。搭載のリチウムイオンバッテリも放電しきった状態にあり、かつバッテリの中の一部のセルは準短絡状態となっていて、現在は使用不能の状態と考えられます。また、化学エンジンについては、すでに 12月上旬には燃料をほぼ全量喪失した状態にありましたが、この間にさらに、酸化剤もあらたに漏洩したもようで、指示上は残量が全くない状態にあります。イオンエンジン運転用のキセノンガスは、12月に通信が不通に陥った時点の状態の圧力を保っており、残量は、約42〜44kgと推定されています。
.....

探査機搭載のイオンエンジンや3軸姿勢制御のためのスタートラッカ、姿勢軌道制御コンピュータなどは、探査機全体の電源が一旦落ちたため、非常に低温の状態におかれたと推定されており、その機能が保たれているか懸念されるところです。現時点では、これらの機器の動作は確認にいたっておりません。
ということで、文字通り、満身創痍というところですが、こんな状況で通信を回復させるとはすごい。まさに不死鳥ですね。

まだまだ予断を許さない状況とはいえ、2010年6月のサンプルリターンに期待したいところです。がんばれ。

« JAXAの次世代宇宙服アイデア募集 | Main | テラキンさんごくろうさま »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6676/8990054

Listed below are links to weblogs that reference Hayabusa is alive:

« JAXAの次世代宇宙服アイデア募集 | Main | テラキンさんごくろうさま »

zeitgeist

MyBlogList

無料ブログはココログ