« 中国が女性宇宙飛行士候補を選抜 | Main | 2回目の船外活動も成功 »

2005.08.01

業務連絡、みたいな...

ディスカバリー号の損傷の様子の一部の写真がNASAのwebに...

NASA: Post-MMT Briefing Images

NHKテレビなどで繰り返し放映された前輪格納扉付近の耐熱タイルの損傷は、これで見ると意外に小さいようですね。NASAは損傷の9割について「帰還に問題なし」と判断、残りについても今日中には結論を出す。ひとまず安心。

Florida Todayに気になる記事が載っている。

FloridaToday: Q&A about shuttle foam fixes

Q: Is a Hubble repair mission still possible?

A: Yes, for now. NASA has teams preparing for a possible mission to send astronauts on the shuttle to repair and upgrade the Hubble Space Telescope. NASA Administrator Mike Griffin says repairing Hubble is a high priority for the agency, as long as such a mission can be done safely.

An extended down time for the fleet leaves NASA with less time for shuttle missions. The question might become: What's more important, Hubble or flying a major space station module?

2010年のシャトル引退までに残された打ち上げの機会は少ない。ハッブル宇宙望遠鏡の修理ミッションと、国際宇宙ステーションを完成させるための残りのモジュール(日欧のモジュールを含む)が天秤にかけられている。

え〜と、業務連絡? 大島さんでも滝田さんでも元村さんでもいいから、もしこの記事を読まれたら、こんな質問をしてみてくださいな。

Q: If the launch of Atlantis is postponed to next year, what will be the consequences for the Japanese Space Station module KIBO? Is NASA still committed to the completion of ISS?

Q: JAXA has three more astronauts in the current ASCAN class.  What are their chances to fly with Shuttle?

NASAがどう答えるかはあまり重要ではなくて、日本のメディアがNASAにこの質問をするのをアメリカのメディアにぜひ聞かせてみたいと思う次第...

フランスやドイツのメディアが同席してたらもっといいのだけど...

東京新聞:『ノグチはスマート』『船外活動が楽しみ』米メディアも熱視線

宇宙航空研究開発機構の広報担当者は「米メディアは、日本メディアの報道ぶりにも関心があるようだ。野口さんについて問い合わせが増えている。特にヒューストンやフロリダなど地元メディアが熱心」と感じている。

FloridaToday: News media's pessimism aggravates NASA, crew

米メディアが「Shuttle Grounded」という言葉を頻繁に使うので、NASAの関係者が当惑しているようだ。

« 中国が女性宇宙飛行士候補を選抜 | Main | 2回目の船外活動も成功 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 業務連絡、みたいな...:

« 中国が女性宇宙飛行士候補を選抜 | Main | 2回目の船外活動も成功 »

zeitgeist

MyBlogList

無料ブログはココログ