« 5thstar is with you, in spirit | Main | スキマ材の除去に成功! »

2005.08.03

耐熱タイルのスキマ材を補修へ

明日に予定されている3回目の船外活動で、ディスカバリー号の底面の耐熱タイルのすき間を埋めているセラミック材の飛び出している部分を修理することが決まった。

CBS News: Shuttle Mission STS-114

07:45 p.m., 08/01/05, Update: NASA gives go-ahead to spacewalk repair work

これまでにもセラミック材が突出したまま帰還したミッションはあった。下流のタイルは高熱のため損傷があったようだけれど。

マネージメントチームの委員長(シャトル計画副部長でもある)、Wayne Haleがこんなふうに述べている。

"I went in with a very simple question: Did we have the engineering knowledge and analysis that would, without a shadow of a doubt, allow us to be 100 percent confident the vehicle could fly safely during entry?"

今度はなかなかしおらしい。打ち上げ前の燃料タンクセンサーのトラブルの際にもこのような態度であればよかったのにね。打ち上げ前の精神的プレッシャーと、ミッションがほぼ成功することが見えてきた今のこの段階とでは、余裕が違う、のかな...

Garbege Collection: Countdown for STS-114 post-launch events

一部に「ギャップフィラーが飛び出していた→やっぱりシャトルはダメ」という意見が見られますが、これはちょっと短絡的じゃないでしょうか。むしろ、事故に繋がる危険を軌道上でチェックし補修することができるようになった、というとても大きなアドバンスだと思います。

そう! まさに同感。グリフィン長官も「今回のミッションは試験飛行だ」と何度も述べている。試験飛行であればこそ、これまで観察できなかったいろいろな問題が見えるようになる。

ただ、ちょっと意地悪い見方をすれば、「せっかく見つかったのだし、直すための手段(船外活動)もあるのだから、修理を試してみたい」という、技術者の本能のようなものを感じる。

しかも効果がまだ実証されていない耐熱タイルの充填材を使うのではなくて、セラミック材の突出の修理という、比較的わかりやすい部分だし。

この、いけるときにはいっちゃう、っていうboldなところがアメリカ人のいいところなのだろうきっと... これに日本人であるのぐっちゃんの手先の器用さが組み合わされば、こわいものなし? がんばれ。俺が君でもいくぞ。血が騒ぐね。

[追記] CBS Newsに今回の補修作業についてのNASAの理由説明が載っている。

As such, given the relative risk trade between the potential for these heating conditions as compared to the EVA task to remove the gap fillers, the MMT determined that the EVA was the prudent approach.

技術者は一生懸命いろいろな可能性を検討してみたけれど、結論からいえば風洞実験もコンピューターシミュレーションも、シャトルの大気圏突入の際のマッハ数の高い領域での挙動を信頼性高く予測できないから、耐熱性能の安全マージンを超えてしまう可能性を否定できない、ということらしい。万が一、安全マージンを超えてしまった場合のリスクと、EVAにより船体の他の場所を傷つけるリスクを比較して、後者を選んだ、ということのようだ。

シャトルの初飛行から24年たっても、まだこの領域の流体力学はシャトルの飛行データ以外に知見が得られていないということか。あらためてシャトルがパイオニアであることを感じる。

それにしてもTAL(打ち上げ時の大西洋を越えての緊急着陸)が熱的にかなり高い負荷を機体に与える、というのは知らなかった。

« 5thstar is with you, in spirit | Main | スキマ材の除去に成功! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6676/5287906

Listed below are links to weblogs that reference 耐熱タイルのスキマ材を補修へ:

« 5thstar is with you, in spirit | Main | スキマ材の除去に成功! »

zeitgeist

MyBlogList

無料ブログはココログ