« 優生思想 | Main | 北大のポプラ並木 »

2005.06.25

ディスカバリー号は7月に打ち上げ

24日にシャトルオービターが打ち上げの際に氷の破片などがあたって重大な損傷を与えるかどうかの検証結果をレビューする委員会が開催された。

FloridaToday: NASA ready to fly in July

破片がオービターに損傷を与える可能性はゼロではないものの「受け入れ可能なリスク」だとNASAは判断を下した。これにより、ディスカバリー号が7月13日から31日までの打ち上げウィンドウのいずれかに打ち上げられることになった。

打ち上げ日がいつになるかは来週後半の打ち上げ準備状況レビュー委員会の決定を待って発表される。

当初の予定通りならあと18日だ!

元村記者も言ってたけど、4月に打ち上げが延期になったので、見に行く側のモチベーションがいったん下がってしまった。これから気合いを入れて、見に行く気分に持ち上げなきゃ。見学バスのチケットは手配した。レンタカーをいつ手配するか。

宇宙飛行士たちのモチベーションは大丈夫かな?

God speed, Soichi!

« 優生思想 | Main | 北大のポプラ並木 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6676/4704278

Listed below are links to weblogs that reference ディスカバリー号は7月に打ち上げ:

« 優生思想 | Main | 北大のポプラ並木 »

zeitgeist

MyBlogList

無料ブログはココログ