« ディスカバリー号が組み立て棟に戻る | Main | 松浦氏の記事 »

2005.06.05

アップル、IBMを見限る?!

ひさびさの記事なのに、宇宙開発とは関係ないけれど...

CNET Japan: アップル、IBMを見限る--Macにインテル製プロセッサを採用へ

CNET News.comが入手した情報によると、Appleが1994年以来用いてきたプロセッサPowerPCを提供してきたIBMとの技術提携を解消し、Intel製プロセッサへの移行を進めることを6日、発表するという。

昨年末、IBMがパソコン事業をレノボに売却したことは大きなニュースになったけれど、AppleがIBMとの関係を解消することになるとは、すごく意外。それだけこの業界の勢力地図が変わりつつあるってことか。もしかして、将来の宇宙パソコンにMacが
採用されることになったりして... ^^;

IBMといえば、かつてNASAがアポロを月に送り込んだ時代のIBM 360/75などの大型計算機でかつては世界を制覇していた超名門IT企業。時代の流れは過酷だね...

そうかと思えば、こんなニュースもある。Apple, IBM, Intel, Microsoft, の4つどもえの攻防からとうぶん目が離せない。

« ディスカバリー号が組み立て棟に戻る | Main | 松浦氏の記事 »

Comments

1993年頃にIBMのThinkpad 750Cをシャトルのノートパソコンに採用するまで(1980年代末から90年代初めまで)は、シャトルにはMACが搭載されていました。
だから、元に戻っても不思議ではないのですが、問題は、アプリケーションではないでしょうか?

Windows用のアプリケーションは既にたくさんできていますので、今さら移植するのは大変でしょう。特定用途向けなら問題はないですが。(これって地上でも同じ状況ですよね)

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アップル、IBMを見限る?!:

« ディスカバリー号が組み立て棟に戻る | Main | 松浦氏の記事 »

zeitgeist

MyBlogList

無料ブログはココログ