« マーズグローバルサーベイヤーが同僚衛星を撮影 | Main | アップル、IBMを見限る?! »

2005.05.28

ディスカバリー号が組み立て棟に戻る

ディスカバリー号が外部燃料タンクと固体燃料ロケットブースターの交換のために、26日、組み立て棟(VAB)に戻った。

FloridaToday: Shuttle crawls back to VAB

交換作業は31日から6月7日の予定。燃料パイプの周りに氷が着くのを防止するためのヒーターを設置したタンクと交換される。

発射台に戻されるのは6月中旬の予定。

交換した燃料タンクに再度、燃料を充填する試験が行われる場合、7月13日の打ち上げ予定は、さらに数日延期される可能性が高い。

FloridaToday: July shuttle flight is still a goal

シャトルマネージャーが「still a goal」と述べた、ってことは、うらを返せば、打ち上げ予定がさらに延びて9月になるという可能性すら暗黙に認めている、ってことだ。

« マーズグローバルサーベイヤーが同僚衛星を撮影 | Main | アップル、IBMを見限る?! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ディスカバリー号が組み立て棟に戻る:

« マーズグローバルサーベイヤーが同僚衛星を撮影 | Main | アップル、IBMを見限る?! »

zeitgeist

MyBlogList

無料ブログはココログ