« Space Shuttle News | Main | また記者と会う »

2005.04.16

燃料タンク試験は成功

ディスカバリー号の外部燃料タンクに液体水素と液体酸素を満たして断熱材の改良がどのように効果があるかを見る試験が14日おこなわれ、成功裏に終わったとのこと。

FloridaToday: Revamped tank gets thumbs up.

これによって打ち上げまでの準備作業の大きなヤマを越えた。残りの作業は比較的単純なものばかりと言う。5月15日の打ち上げまでに作業のない予備日が3日ぶん復活している! 「打ち上げが5月22日に延期になるかもしれない」というNASAからの情報はなんだったんだ? 非公式情報だったけどさ。飛行機のフライト変えなくてよかった!

残るはReturn To Flight Task Groupがどのような答申を出すか。

ところでCBS NewsのサイトにSTS-114の打ち上げ可能時刻(Launch Window)の情報が掲載されている。

« Space Shuttle News | Main | また記者と会う »

Comments

5thstar管理人さん同様、5/15辺りでFlorida行き航空券を予約している私としても5/15発射されると嬉しいです。ああ、予定通りでありますように...ちなみにもし発射予定時間に発射現場上空が曇りだったら発射は先送りされるのでしょうか?

ioio2003さん、こんにちは。

私も詳しくは知りませんが、多少の雲であれば過去には打ち上げられていると思います。

ただし今回は、コロンビア号の事故後、初めての打ち上げなので、調査委員会の勧告に基づき、オービターに破片があたらないかどうかをさまざまな高解像度カメラで追跡する手はずになっています。地上や追跡用の飛行機に搭載されたこれらのカメラが役に立たないような気象条件だと、打ち上げは中止、でしょうね。

あと、天候が晴れでも、地表付近と上空とで風向きや風速が異なる「ウィンド・シアー」と呼ばれる現象が強く発生すれば中止になることもあるようです。

私は若田さんが飛んだ2000年10月の打ち上げの見物をする予定でしたが、打上が数日延びたため、結局打上げを見ずにフロリダを離れざるを得ず、非常に残念な思いをしたことがあります。日程に余裕をもって、せめて一週間程度は延長の可能性を見て旅行の計画をたてられるとよいか、と思います。
 順調に打上げが進むことを祈っています。
 ところで、ココビーチ近くでは、Durangoというステーキハウスがおいしかったです。海老をつけるのがお勧め。

nqさん、情報をありがとうございます。打ち上げを見ずにフロリダを離れる、というのは断腸の思い、でしょうね。

一週間滞在したいのはやまやまなんですが、なかなか難しいですね。

Durango、ですか。ぜひいってみたいと思います。楽しみが増えました。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6676/3728130

Listed below are links to weblogs that reference 燃料タンク試験は成功:

» 「液体酸素」でブログ検索してみました。 [日刊カタログ]
「 液体酸素 」の検索結果で、「5thstar_管理人_日記 .. 」さんを紹介させていただきました。つながり系サイトです。 [Read More]

« Space Shuttle News | Main | また記者と会う »

zeitgeist

MyBlogList

無料ブログはココログ