« モブログ投稿の画像サイズ | Main | ディスカバリー号の打ち上げが7月に延期 »

2005.04.28

Deep Impactが目標の彗星を補足

NASAの彗星探査機「ディープ・インパクト」が、目標となるテンペル第一彗星を補足、追跡を開始した。

NASA: Deep Impact Spots Quarry
NASA: NASA'S DEEP IMPACT SPACECRAFT SPOTS ITS QUARRY, STALKING BEGINS


Credit: NASA

重さ約370キログラムの銅製の衝突体を7月4日に彗星にぶつけ、でき上がるクレーターや飛び散る破片を観測することで、彗星の内部組成を調べる。衝突体が彗星にぶつかる速度は秒速約3万7000km。直径90mほどのクレーターができると推定されていて、このクレーターの直径を予想するコンテストが開催されている。

« モブログ投稿の画像サイズ | Main | ディスカバリー号の打ち上げが7月に延期 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6676/3891063

Listed below are links to weblogs that reference Deep Impactが目標の彗星を補足:

» テンペル第1彗星を初めて捉えた [Mysterious Space 日記]
Deep Impact Spots Quarryディープ・インパクト彗星探査機はそのターゲットであるテンペル第1彗星を初めて撮影し、その画像が公開された。 この画像は4月25日、テンペル第1彗星から3970万マイル離れた距離で、ディープ・インパクトに搭載されている中解像度観測装置(MRI.... [Read More]

« モブログ投稿の画像サイズ | Main | ディスカバリー号の打ち上げが7月に延期 »

zeitgeist

MyBlogList

無料ブログはココログ