« かうんとだうん ver 2 | Main | CAMUI狂騒曲 »

2005.02.08

NASAの予算

FloridaTodayの記事3本。

FloridaToday: Cuts target shuttles, defense
FloridaToday: New NASA budget plan to study closures
FloridaToday: Hosting shuttle crew on station poses challenges

ブッシュが要求したNASAの来年度予算は165億ドル、2.4%増。一年前の予想増加額と比べると約半分となったが、議会がこれを承認すればNASAにとっては「政治的勝利」とのこと。

細かく見ると、

・シャトル予算は微増で45億ドル。
・シャトルのフライト数の削減をはかり、宇宙ステーションの建設終了とともに2010年で運航終了。年間予算は減額され2010年には24億ドルまでに。
・ハッブル望遠鏡の廃棄の準備のために7500万ドル。
・貨物と乗員の運搬を他国ないし民間企業に委託するために1億6千万ドル。
・次期有人宇宙システムCEVの開発に31億ドル。
・シャトル運航終了から次のCEVによる有人宇宙飛行まで4年間のギャップ。2008年には最初のデモフライト。
・木星の衛星の探査機のための深宇宙探査用の原子力発電装置の開発を廃止、かわりに長期有人宇宙飛行にも使える月・火星・小惑星向けの探査機に用いる電源の実験的開発に着手。
・現在、全米10ヶ所にあるNASAのセンターのそれぞれの存在意義を見直し、廃止・縮小・他の法人に運営させる、などの可能性について検討する。

[2/10追記] SpaceflightNowにNASA予算の詳しい解説記事が載っています。

SpaceflightNow: Analysis: A Promising NASA Budget?

ハッブル望遠鏡と木星の衛星探査ミッションが削減されることを除けば、NASAの科学衛星のミッションは全部無事、という。

日本でもこれくらい詳しくJAXAの予算の推移を解説する記事を書いてくれるジャーナリスト、どこかにいないかなぁ。

« かうんとだうん ver 2 | Main | CAMUI狂騒曲 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference NASAの予算:

« かうんとだうん ver 2 | Main | CAMUI狂騒曲 »

zeitgeist

MyBlogList

無料ブログはココログ