« JAXAの広報 | Main | 外部燃料タンクがケネディ宇宙センターに到着 »

2005.01.08

日本製ハッブル?

asahi.comに、国立天文台が構想を練っている口径3.5メートル級の宇宙望遠鏡の想像図。

asahi.com: 「第2の地球」探しに本腰 国立天文台

この図によると、構想されているのはハーシェル・カセグレンだ。副鏡の支持アームが主鏡の光路を妨げないので、干渉縞のない良好な画像が得られる。チャレンジングな点は、主鏡・副鏡の表面が中心をずれた放物面を正確に製作できるかどうか、だけど、すばる望遠鏡のアクチュエータの技術があることなどを考えれば、十分実現可能な気がする。コンパクトに折り畳まれた状態で打上げられるようになっている。なかなかうまい設計だ。これならH-IIAロケットでも打上げられるだろう。すばらしい。失敗を恐れずにどんどんチャレンジして欲しい。JAXA統合の効果をプラスに転じて欲しい。

« JAXAの広報 | Main | 外部燃料タンクがケネディ宇宙センターに到着 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日本製ハッブル?:

« JAXAの広報 | Main | 外部燃料タンクがケネディ宇宙センターに到着 »

zeitgeist

MyBlogList

無料ブログはココログ