« 古川・星出・山崎三宇宙飛行士のビデオインタビュー | Main | シャトルフライトSTS-114の詳細 »

2005.01.23

国際物理年

京都新聞のコラム「明日への視座」に物理学者佐藤文隆さんの記事。

2005年は「国際物理年」

また80年代のバブル景気の影響もあり、派手にこのブームは社会的に進行し、私自身もその渦中におった。そして「怖い」と思ったのは、一面的に誇張されたイメージに憧(あこが)れて優秀な少年、少女が数年すると研究室に登場することである。しかし「1番おいしいところ」はすでに過ぎたのだから、安易な気持ちでやって来れば単純な乗り遅れとなる。特に応用がその先に展開するのでないこういう分野は「遅れてきた」人たちで混雑するだけになる。
宇宙開発も、もしかして似たような側面がないか? 「応用がその先に展開する」かどうか、が、鍵、なような...

« 古川・星出・山崎三宇宙飛行士のビデオインタビュー | Main | シャトルフライトSTS-114の詳細 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 国際物理年:

« 古川・星出・山崎三宇宙飛行士のビデオインタビュー | Main | シャトルフライトSTS-114の詳細 »

zeitgeist

MyBlogList

無料ブログはココログ