« NASAのオキーフ長官が辞任へ | Main | JAXAで会合 »

2004.12.13

海に沈んだマーキュリー宇宙船の展示

ヒューストンのジョンソン宇宙センターに隣接して設置されている展示施設、スペースセンターヒューストンに、かつて海に沈んだマーキュリー宇宙船、「Liberty Bell 7」が展示されているという。

NASA/JSC Space Center Houston exhibit introduces visitors to 'The Lost Spacecraft'

映画「ライトスタッフ」を観た人ならご記憶と思うけれど、アラン・シェパードに次いで2番目の弾道飛行を行った宇宙飛行士、ガス・グリソムが乗った宇宙船「Liberty Bell 7」が、無事、15分間の弾道飛行を終えて大西洋に着水し、回収作業を待っていた時、ハッチの爆裂ボルトが突然作動し、グリソムは命からがらカプセルを捨てて脱出した。その後、カプセルは4,800メートルの海の底に沈んだ。

それから38年、カプセルはアポロ11号の月着陸から30周年の記念日である1999年7月20日に海の底から引き上げられ、翌日の21日、奇しくもグリソムの弾道飛行から38周年の記念日に打ち上げ地点であるケープカナベラルに帰還した、という。うーん、引き上げられていたのか。いつの間に。知らなかった。

グリソムはマーキュリー計画の後、1967年1月27日にアポロ1号の打ち上げ訓練中に発生した火災によって、エド・ホワイト、ロジャー・チャフィーとともに命を落としている。

« NASAのオキーフ長官が辞任へ | Main | JAXAで会合 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 海に沈んだマーキュリー宇宙船の展示:

« NASAのオキーフ長官が辞任へ | Main | JAXAで会合 »

zeitgeist

MyBlogList

無料ブログはココログ