« HASTICニュースレター第18号 | Main | 旧ソ連製スペースシャトルの末路 »

2004.10.21

ESAの宇宙ステーション管制室がオープン

国際宇宙ステーションに欧州宇宙機関(ESA)が提供する実験用モジュール「コロンバス」の地上管制室がミュンヘン郊外のDLR (Deutsches Zentrum fu"r Luft- unt Raumfahrt)施設内に19日、完成。今後数ヶ月かけて管制官のチームを訓練し、運用の手順などを確立する。来年4月にESAのイタリア人宇宙飛行士Roberto Vittori氏が宇宙ステーションを10日間訪問する際に、リアルタイムでの運用を行う予定とのこと。

ESA: Columbus Control Centre inaugurated in Oberpfaffenhofen

コロンバスモジュールの打ち上げは2006年を予定。

« HASTICニュースレター第18号 | Main | 旧ソ連製スペースシャトルの末路 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6676/1739503

Listed below are links to weblogs that reference ESAの宇宙ステーション管制室がオープン:

« HASTICニュースレター第18号 | Main | 旧ソ連製スペースシャトルの末路 »

zeitgeist

MyBlogList

無料ブログはココログ