« 一時帰国の小学生の「日本の学校」観 | Main | ダイエットペプシの「衝撃」のTV CM »

2004.04.09

NASAの火星探査機の探査を5ヶ月延長

JAXAの月探査情報ステーション経由の情報。

NASA、ローバミッションを5ヶ月延長へ

5ヶ月の延長運用の資金として、1500万ドル(約16億5000万円)の追加支出を行うことを決めた.....ローバ計画全体額の2%程度
スピリットとオポチュニティの状態が極めて好調なことからの決定でしょうが、目一杯、探査に頑張ってくれることに期待、ですね。

的川先生は、のぞみの観測装置を活かせなかったことが悔しくてしょうがない様子ですが...

それにしても桧舞台に立てなかった日本の「のぞみ」の観測機器を、運んでくれる探査機はないものでしょうか。それらには、アメリカやヨーロッパの現在の機器が束になってもかなわない大気・プラズマの観測機器がつまっており、今回のアメリカの発見をグローバルに検証するための大切な「武器」なのですが……
どちらかというと「YMコラム」というよりは「YMの個人日記」、という趣ですね。

個人的には本家TPS会誌の雰囲気のほうが好きです。本家TPSについてはまたいずれご紹介しましょう。

« 一時帰国の小学生の「日本の学校」観 | Main | ダイエットペプシの「衝撃」のTV CM »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference NASAの火星探査機の探査を5ヶ月延長:

» 火星探査車2004年9月まで運用決定 [秋沙のココログ既知ログ]
 5ヶ月の運用延長の為に1,500万ドル(約16.5億円…)の追加支出が必要だそ [Read More]

« 一時帰国の小学生の「日本の学校」観 | Main | ダイエットペプシの「衝撃」のTV CM »

zeitgeist

MyBlogList

無料ブログはココログ