« ミラボー橋 | Main | 福岡で若田宇宙飛行士が講演 »

2004.02.18

パリの空の下

フランス国立科学センターCNRS (Centre national de la recherche scientifique) は、ミラボー橋から歩いて10分ほどの場所にある。メトロの駅から徒歩30秒。

cnrs.jpg

CNRSは職員約2万5千人、うち研究者が約1万1千人、技術者が約1万4千人。中央集権の国、フランスらしい、科学研究の中央的組織。いろいろな分野の研究所がこのCNRSの傘下に配置されている。

一方、ヨーロッパの宇宙機関であるESAとの関係でいえば、フランスの宇宙機関はフランス国立宇宙研究センター CNES (Centre National d'Etudes Spatiales)との関係が深いらしい。

組織図を見ると、CNRSの下には

Institut National des Sciences de l'Univers - INSU
Département des Sciences de l'Univers - SDU

という二つの宇宙科学関連機関があって、CNESとも関係があるようだけど、ESA, CNES, CNRS, INSU, SDUの関係って、どうなっているんだろう? なんだか日本以上に複雑な構造になってる...

去年の7月7-8日に京都でNASDAとCNESがシンポジウムを開いている。2005年にはフランスで次のシンポジウムを開くらしい。

なんてことを考えながら、メトロの駅を歩いていたら、地下道からギターの音色が聞こえてきた。

metro.jpg
QuickTime 332KB

パリだねぇ。

« ミラボー橋 | Main | 福岡で若田宇宙飛行士が講演 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference パリの空の下:

« ミラボー橋 | Main | 福岡で若田宇宙飛行士が講演 »

zeitgeist

MyBlogList

無料ブログはココログ