« ミラボー橋 | Main | 福岡で若田宇宙飛行士が講演 »

2004.02.18

パリの空の下

フランス国立科学センターCNRS (Centre national de la recherche scientifique) は、ミラボー橋から歩いて10分ほどの場所にある。メトロの駅から徒歩30秒。

cnrs.jpg

CNRSは職員約2万5千人、うち研究者が約1万1千人、技術者が約1万4千人。中央集権の国、フランスらしい、科学研究の中央的組織。いろいろな分野の研究所がこのCNRSの傘下に配置されている。

一方、ヨーロッパの宇宙機関であるESAとの関係でいえば、フランスの宇宙機関はフランス国立宇宙研究センター CNES (Centre National d'Etudes Spatiales)との関係が深いらしい。

組織図を見ると、CNRSの下には

Institut National des Sciences de l'Univers - INSU
Département des Sciences de l'Univers - SDU

という二つの宇宙科学関連機関があって、CNESとも関係があるようだけど、ESA, CNES, CNRS, INSU, SDUの関係って、どうなっているんだろう? なんだか日本以上に複雑な構造になってる...

去年の7月7-8日に京都でNASDAとCNESがシンポジウムを開いている。2005年にはフランスで次のシンポジウムを開くらしい。

なんてことを考えながら、メトロの駅を歩いていたら、地下道からギターの音色が聞こえてきた。

metro.jpg
QuickTime 332KB

パリだねぇ。

« ミラボー橋 | Main | 福岡で若田宇宙飛行士が講演 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6676/207749

Listed below are links to weblogs that reference パリの空の下:

« ミラボー橋 | Main | 福岡で若田宇宙飛行士が講演 »

zeitgeist

MyBlogList

無料ブログはココログ