« 日本の有人宇宙開発の今後 | Main | パリの空の下 »

2004.02.15

ミラボー橋

Sous le pont Mirabeau coule la Seine
            Et nos amours

ミラボー橋の下を流れるは
セーヌの河か また我が恋か

mirabeau.jpg

Vienne la nuit sonne l'heure
Les jours s'en vont je demeure

夜よ来たりて時の鐘を打ち鳴らせ
日は過ぎ去りて とどまるは我

        詩:Guillaume Apollinaire「ミラボー橋」

mirabeau2.jpg

子供のころ、星の本を読むのが好きで、片っ端からいろんな本を手当たり次第に読んでいた。その中に故・石田五郎先生の「天文台日記」があった。

「ミラボー橋」はこの「天文台日記」にも出てくる石田先生がお好きなシャンソンの一つで、私も子供のころに詩の一節を暗記しては、遠いパリの空の下に思いを馳せていたものだった。

日は過ぎ去りて とどまるは我。

« 日本の有人宇宙開発の今後 | Main | パリの空の下 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ミラボー橋:

« 日本の有人宇宙開発の今後 | Main | パリの空の下 »

zeitgeist

MyBlogList

無料ブログはココログ