« 気になる記事のメモ 2/7 [IT関連] | Main | 捜索エンジン「百度」! »

2004.02.07

ココログのページランクが高いわけ

例の悪徳商法マニアックスを巡る一連の騒動をウォッチしていて気づいたこと。

事情がわかっている人には「なにをいまさら」な話を書くので、読み飛ばしてくださいませ。あと「ページランクってなに?」という人は、こんなページとかこんなページを読んでおくと参考になるかも。

ちなみに「SEOとは」というキーワードでGoogleで検索すると、「なんだかなぁ」と思うような、ちょっととほほな感じ。個人サイトのオーナーにとってはどうでもいいことなんですが、コマーシャルサイトを作っている人にとってはページビューってのは死活問題なんだということがあらためて実感。しかしなぁ。されどなぁ。

関係ないけど詞織さんと極東ブログさんの「カラミ」を発見した。なんだかいつもの雰囲気と違うのでミョーにほんわかした気分。

*****

最近、Googleでなにか調べものをしようとすると、ココログのページが上位にヒットすることが多いと感じませんか? blogというのはトラックバックの機能があるから、もともとページランクが上がりやすい要素があるんですが、でもなぜかココログはやたらGoogleと相性が良い?

うちのサイトでいえば「ブッシュ 宇宙開発」「NASA オポチュニティ」「視力回復トレーニングソフト」なんてのが定番メニュー。^^;

あと、「イラン 地震 救援金」などでも検索上位に来る。ので、記事を書いた責任を感じるので、あとで続報を書かなきゃ。

ココログが他のblogサイトに比べて有利な理由を洞察した記事としてはたとえばこんなところ

@niftyのココログはサブドメイン仕様なので、ココログの方がSEO向きといえます。

そう、ココログの場合、IDを取ると、それがサブドメインになる。ココログユーザーはなぜかお互いに仲が良い場合が多いから、お互いのサイトを訪れてリンクやトラックバックを送りまくる。Google的に見るとどういうことか。それぞれ違うサブドメインのサイトが相手のサイトを参照しあっているわけで、それぞれのサイトの「対外的信用度が増す」と見える。おまけに、ココログユーザーにとっては常識だけど、

cocolog-nifty.com
air-nifty.com
txt-nifty.com
moe-nifty.com
way-nifty.com
tea-nifty.com

などという、異なるセカンドレベルドメインが、ユーザー入り乱れて相互参照しまくることになる。これって、Google的に見れば、というか、ココログを知らない人から見れば、全然関係のない異なる組織がお互いをよいしょしあってるのといっしょ。

どっかで見た構図だと思いませんか? そう、例の悪徳商法マニアックスを巡る一連の騒動のそもそもの発見の端緒となったSEO対策を連想させるサイトの存在、と、ほとんど一緒じゃん。

とまぁ、blogサービス開始の際の、ほんのちょっとしたサイトデザインの決定が、今日のココログの隆盛をもたらした、というお話。

でも、それだけじゃない、と、思う。

ココログユーザーには旧NIFTYServe時代の、「会ったこともない相手のキャラクターを一瞬で見抜いて、仲よくなる」という特技?を持った人が多い、ように感じる。これが2chやはてなダイアリーやスラッシュドットなどの他のサービスプロバイダにはない最大の特徴だ、と、個人的には思う。

これは私の偏見かもしれないけれど、ユーザーの平均年齢も高いように感じるので、ネットワーク上の人間関係だけでなく、実社会における人的ネットワークも豊富であると感じさせるような安定感のある記事を書く人が比較的多い、ように思う。1987年創業のNIFTYServeがベースになっているのは、だてじゃない。

*****

ところでHSKI'sさんの記事経由で知ったのだけど、NTTのgooラボが日本語自然文検索実験なるものを始めたらしい。「株式会社ウェディングとは?」で検索してみると、こんな感じ

株式公開を目指すGoogleにとって、今年は新年早々から「Google八分」なんてキーワードも大ヒットしたし、善くも悪くもターニングポイントとなってしまう一年だ。Googleが今のように日本語にも柔軟に対応するようになる前は、NTTのgooが日本語検索サイトとしては一世を風靡していた。日本語サイトの検索エンジンの勢力地図が一気に書き変わってしまう一年になる、なんだかそんな予感がする。

« 気になる記事のメモ 2/7 [IT関連] | Main | 捜索エンジン「百度」! »

Comments

もしお時間があればGoogleで「ブログ ページランク」で検索してみてください。拙ブログが2番目に表示されます。

当該ページからリンクされている各記事を読んでいただけると、ブログがGoogleに強い理由がおわかりいただけるかと。

イエーイ!CGIやHTMLや画像等の素材を勝手気ままに作ったり、改造したりして、それを置いたり配布したりしていってます。ヨロシク!

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6676/174164

Listed below are links to weblogs that reference ココログのページランクが高いわけ:

» 相手を見抜く能力、危険を察知する能力 [Tokyo Forum]
以前に書いた「もらったコメントを消す時」の頃から考えていた事があって、それと近くはないけど、同じような視点の話しを見かけたので、考えてみます。“コミュニケーショ... [Read More]

» ヒロシ〜ブログ編 [お笑い@サプリッ!]
ヒロシです・・・・ 2,3日書かなかっただけでアクセスが半分になったとです・・・ ヒロシです・・・ 初めてついた念願のコメントがスパムだったとです。 ... [Read More]

» ココログのSEOが強力すぎて困る [旦那の日々徒然]
昨日からやけにページビューが多いと思ったら、ついカッとなってやったでgoogle [Read More]

» ページランク [■Net income.com■   マーケティング-リサーチ ]
Net income.com のGoogleページランクが 4になりました。 ページランク とは Google特有のページの重要度を示す機能で 他サイトからのリンクの数や 相互リンクで ページランクが [Read More]

« 気になる記事のメモ 2/7 [IT関連] | Main | 捜索エンジン「百度」! »

zeitgeist

MyBlogList

無料ブログはココログ