« 宇宙関連TV番組情報 | Main | イラン南東部地震の救援金情報 »

2003.12.28

NASAの近藤陽次博士

なにげにテレビを見ていたら、NASAの近藤陽次博士が紹介されていた。日本テレビの「笑ってコラえて世界へ」の「アッパレ日本人スペシャル 〜日本列島ダーツの旅〜」で。10月に放送された番組の再放送らしい。

近藤博士のご高名とご活躍ぶりは70年代の科学朝日などで知ってはいたものの、少年時代の生い立ちとかは知らなかったので、思わず番組に引き込まれて見入ってしまった。

子供の頃、星が好きで、天文学を学びたいと思う。東大受験に失敗、一浪の後、東京外語大に入学、ポルトガル語や英語などの各国語を学び、米軍基地に潜り込んでは兵士と話し込んで英会話を習得。ニューヨークに渡り、働きながらニューヨーク市立大学の夜間学部に学ぶ。全米各地の大学に手紙を書いてペンシルバニア大学の天文学科の大学院に進む。NASAのゴダード宇宙センターの部長に認められ、就職、紫外線天文衛星の打ち上げに関わる。その後、月面天文台の企画や恒星間物質の研究など。

1983年からEric Kotaniの名前でSF小説も執筆。代表作に「Delta Pavonis」など。へぇ、知らなかった。

TVレポーターの質問にさりげにとぼけてみせる飄々とした性格はなかなかのもの。早速宇宙開発Who's Whoに登録。

夢をどんどん現実のものにしていく人生が素晴らしい。アメリカならではのサクセスストーリー。

では、日本にはこのような奔放な人物がいないのか、というと、そうでもない。スケールの大きさでは故・糸川英夫博士も負けてはいないし、現代においては私の知る限りではこの人物がどのように成長していくのか楽しみだったりする。

JAXAが官僚の牛耳る世界で終わってしまうのか、技術者が夢を羽ばたかせることのできる職場に変貌するのか、スケールが大きくて元気のいい人々の今後の活躍に注目していきたいと思う。

« 宇宙関連TV番組情報 | Main | イラン南東部地震の救援金情報 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6676/56273

Listed below are links to weblogs that reference NASAの近藤陽次博士:

« 宇宙関連TV番組情報 | Main | イラン南東部地震の救援金情報 »

zeitgeist

MyBlogList

無料ブログはココログ